INDUSTRIAL TRENDS AD

[ エレクトロニクス ]

東芝、TDK・昭和電工と次世代HDD量産 共同出資の新会社も視野

(2017/4/20 05:00)

東芝はTDK、昭和電工と共同で、2019年度に次世代ハードディスク駆動装置(HDD)を事業化する。東芝とTDKなどの工場で相互に人材を派遣し、製造情報も一元化する。将来は3社による共同出資会社の設立も視野に入れる。東芝は海外原子力発電と半導体メモリーの両事業を切り出した後の注力事業の一つに、HDDを位置付けている。次世代HDDで大容量化で先行する米ウエスタンデジタル(WD)、米シーゲート・テクノロジーのHDD2強に対抗する。

東芝はHDD事業について、19年度に売上高3600億円、営業利益率5%を目指している。その実現に向けHDDの競争力強化が課題となっていた。

HDDについては磁気ヘッドをTDKから、メディアを昭和電工から調達している。大容量化を特徴とする熱アシスト記録方式などを採用した次世代HDDについては、3社が連携してすでに研究開発しており、試作品を完成した。

事業化に向...

(残り:365文字/本文:765文字)

(2017/4/20 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

  • 有料会員
    1ID月額4,000円+税で、電子版のすべての機能をご利用いただけます。

  • 無料会員
    有料会員限定記事を月11本まで閲覧できるなど、一部機能をご利用いただけます。

    PR

    エレクトロニクスのニュース一覧

    おすすめコンテンツ

    必携「からくり設計」メカニズム定石集
-ゼロからはじめる簡易自動化-

    必携「からくり設計」メカニズム定石集 -ゼロからはじめる簡易自動化-

    技術大全シリーズ 
めっき大全

    技術大全シリーズ めっき大全

    バーチャル・エンジニアリング
―周回遅れする日本のものづくり―

    バーチャル・エンジニアリング ―周回遅れする日本のものづくり―

    「酸素が見える!」楽しい理科授業
酸素センサ活用教本

    「酸素が見える!」楽しい理科授業 酸素センサ活用教本

    いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか!
取り残される日本のものづくり

    いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか! 取り残される日本のものづくり

    今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい土壌の本

    今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい土壌の本

    カレンダーから探す

    閲覧ランキング
    • 今日
    • 今週

    ↓もっと見る

    ソーシャルメディア

    日刊工業新聞社トピックス

    セミナースケジュール

    イベントスケジュール

    もっと見る

    PR

    おすすめの本・雑誌・DVD

    ↓もっと見る

    ニュースイッチ

    専門誌・海外ニュースヘッドライン

    専門誌

    ↓もっと見る

    大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

    日刊工業新聞社関連サイト・サービス

    マイクリップ機能は会員限定サービスです。

    有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

    会員登録/ログイン