[ 商社・流通・サービス ]

JR西、乗務員の睡眠改善で富士通とシステム開発

(2017/4/20 05:00)

JR西日本は19日、富士通と共同で乗務員の睡眠改善を促すシステムを開発したと発表した。2017年度中に、乗務員が所属する63カ所全ての職場への導入を目指す。睡眠改善で乗務の質を向上、ヒューマンエラーを低減することで、鉄道の安全性を高める。両社では14年から、睡眠状態を記録・可視化し、個人に合った睡眠改善ができるツールの開発を進めてきた。

同システムでは睡眠状態を可視化、分析して睡眠改善のアドバイスを行うのが特徴。就寝時に装着したセンサーで就寝・起床時刻や代謝データなどを記録し、専用端末を介してパソコンに取り込む。体の向きや動きと照合し睡眠状態を可視化。専門家監修のアルゴリズムによってデータを分析し、食事や日常生活についてなど一人ひとりに合ったアドバイスを行えるという。

JR西日本ではこれまでも睡眠状態の改善などに取り組んできたが、乗務員の主観に頼らざるを得ず、一人ひとりの状態に対応したアドバイスなどは十分でなかったという。来島達夫社長は「着実に睡眠改善を進めて職務の質を向上し、安全性をさらに高めたい」と期待を寄せる。

富士通ではJR西日本と実施した実証実験の結果などを活用し、17年度中に同システムの製品化を目指す。

(2017/4/20 05:00)

関連リンク

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる