INDUSTRIAL TRENDS AD

[ エレクトロニクス ]

投映部分をタッチパネルに-ソニーモバイルが超短焦点プロジェクター

(2017/4/21 05:00)

ソニーは20日、傘下のソニーモバイルコミュニケーションズ(東京都品川区)が壁や机など投映部分をタッチパネルにできる超短焦点プロジェクター「エクスペリアタッチ=写真」を6月24日に発売すると発表した。写真や映像の表示に加え、インターネットサイトの閲覧やゲームなどタブレット端末を使うようにコンテンツを楽しめる。価格は14万9880円(消費税抜き)。

無線通信機能を搭載したほか、グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を採用した。アンドロイドに対応するアプリケーション(応用ソフト)は全て利用できる。最大で10点のマルチタッチ機能があり、家族や友人など複数の人が使うことも想定する。音声操作も可能だ。

プロジェクター下部に搭載した赤外線センサーと画像センサーが、タッチポイントを検出する。タッチ操作できる画面サイズは23型だが、最大80型までの映像を投映できる。大きさは幅約6・9センチメートルと辞書程度。重さは約932グラムで持ち運べる。約1時間持続するバッテリーも搭載した。

量販店など体験できる場所を増やし、販売の拡大につなげる。都内で会見したスマートプロダクト部門の伊藤博史副部門長は「新しいコミュニケーションの形を創造し、未来のビジネスにつなげたい」と意気込んだ。

(2017/4/21 05:00)

関連リンク

エレクトロニクスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

必携「からくり設計」メカニズム定石集
-ゼロからはじめる簡易自動化-

必携「からくり設計」メカニズム定石集 -ゼロからはじめる簡易自動化-

技術大全シリーズ 
めっき大全

技術大全シリーズ めっき大全

バーチャル・エンジニアリング
―周回遅れする日本のものづくり―

バーチャル・エンジニアリング ―周回遅れする日本のものづくり―

「酸素が見える!」楽しい理科授業
酸素センサ活用教本

「酸素が見える!」楽しい理科授業 酸素センサ活用教本

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか!
取り残される日本のものづくり

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか! 取り残される日本のものづくり

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい土壌の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい土壌の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン