[ 政治・経済 ]

データ流通市場、API介し連携-経産省が仕組み構築へ

(2017/4/21 05:00)

経済産業省は、オムロンやエブリセンスジャパン(東京都港区)などと協業し、異なるデータ流通市場が連携できる仕組みを構築する。IoT(モノのインターネット)で重要な要素となるデータの流通環境を整え、市場を活性化させる。複数の企業が流通基盤システム(プラットフォーム)の事業化に乗り出す中、利用者がそうした基盤の枠を超えてデータを入手できるようにする。実用化に向け、協業企業による推進団体の新設も視野に入れる。

経産省は、データ流通市場を連携させる新たな仕組みの基本概念などを報告書にまとめた。月内をめどに内容を公表する方針だ。

報告書に示すのは、異なる流通システムが応用プログラムインターフェース(API)を介し連携できる仕組み。

APIで共有される機能により、エブリセンスジャパンなど流通事業者が、データの名称や簡単な説明文、生成源といった概要情報を各データに付与できるようにする。これにより利用者は、さまざまな流通事業者から提供される概要情報を一括検索し、求めるデータを素早く入手できるようになる。

実用化を加速させるため、協業先企業などで構成する推進団体の新設を促す。2017年度内の設立を目標に、オムロン、エブリセンスジャパンのほか、さくらインターネットなどが参画を検討しているもようだ。

IoTの普及が進む中、データを売買できる流通市場が次世代産業として期待されている。経産省はさまざまな流通システムが連携できるようにすることで利便性を高め、市場の成長を加速させたい考えだ。

(2017/4/21 05:00)

関連リンク

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

  • 2020/08/15

    8/15、土曜日付記事更新 ※8/17(月)は新聞休刊日のため、電子版も朝刊記事の更新はありません。ご了承ください。

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる