[ 機械 ]

ヤマザキマザック、中国で工作機械を増産−需要増に対応、月産360台

(2017/4/21 05:00)

  • 中国で好調の自動車部品の加工ライン

  • 来場者でにぎわう中国国際工作機械見本市

【北京=六笠友和】ヤマザキマザックは中国で工作機械の生産能力を足元から20%増の月360台に引き上げる。中国地場の民族系自動車メーカー向けを含め、エンジンや減速機の部品を加工する生産設備の需要が好調な上、中国の鉄道計画が近く本格化し、工作機械の需要が拡大するとみている。今秋の稼働を予定する。2018年には同400台を視野に入れる。

ヤマザキマザックは、中国事業の売上高を2―3年後に現在から倍増させる方針だ。中国の工作機械市場は年初から好調になっているが、年央にも中国の鉄道計画に向けた設備投資が本格的に始まるなどして、もう一段成長スピードが速まると予想する。

現在、同社は中国に2工場を持ち、大連で旋盤とレーザー加工機、内陸の寧夏回族自治区で自動車部品の加工ラインなどに組み込むマシニングセンター(MC)、周辺機器を生産している。

増産計画では大連の工場を中心に能力を引き上げ、寧夏回族自治区の工場には新棟を設ける。投資額は約10億円を予定する。さらに月産400台への引き上げに向けて追加投資も予定する。

一方、大連の工場では2月にファイバーレーザー加工機の生産を始めた。中国の同レーザー加工機市場は現地メーカーが低価格機を拡販しており、同社は現地生産に切り替えるなどで対抗する。当面は月2―3台を生産するという。

(2017/4/21 05:00)

関連リンク

機械のニュース一覧

おすすめコンテンツ

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方
機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方 機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す
-やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

よくわかる機械の制振設計
防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

よくわかる機械の制振設計 防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

きちんと知りたい! 
自動車低燃費メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 自動車低燃費メカニズムの基礎知識

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか
欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか 欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン