[ 科学技術・大学 ]

甲南大学先端生命、がん細胞の増幅阻害新作用-抗がん剤薬効高まる

(2017/5/3 05:00)

【神戸】甲南大学先端生命工学研究所(FIBER)の杉本直己所長らの研究グループは、がん細胞の増幅を阻害する四重らせん構造をDNA(デオキシリボ核酸)上に安定形成する新たな相互作用を発見した。四重らせんは細胞のがん化に関わるテロメアの伸長反応を阻害する。安定形成するメカニズムが分かれば、薬効の高い抗がん剤の開発につながると期待される。

生体内のDNA標準構造は二重らせんだが、四重らせんを形成すると、遺伝情報伝達に関わる反応を阻害する。疾患遺伝子の発現を抑制でき、あらゆる疾患に効く薬剤開発に応用できる。

今回、安定化には炭素と水素の塩基(CH)と面(π)の間に働く相互作用「CH―π」が起因していることが分かった。従来の抗がん剤にCH―π相互作用を増強する分子を付加できれば、薬効が高まると考えられる。

これまで四重らせんの安定形成には、π同士が電気的な作用を介して結合する「スタッキング相互...

(残り:246文字/本文:646文字)

(2017/5/3 05:00)

Journagram→ Journagramとは

PR

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる