[ ロボット ]

清水建設など、廃炉調査にヘビ型ロボ−がれきの隙間進入 

(2017/5/3 05:00)

  • 体をくねらせるようにして、がれきの隙間に進入するヘビ型ロボ「ACM―R4.3」(清水建設提供)

清水建設とハイボット(東京都品川区)、東京工業大学は、がれきの隙間から進入して内部を調査するヘビ型ロボット「ACM―R4・3」を開発した。5対10個の車輪を持ち、体をくねらせるように隙間に進入する。東京電力福島第一原子力発電所の屋上の調査に投入し、がれきの重なり具合を明らかにした。今後、がれきを崩さずに取り除く上で重要な知見となる。

ヘビ型ロボは全長1・5メートル、直径13センチメートルで、おわん型の車輪が機体の左右に配置され、毎分1・5メートルの速度で進む。先頭にカメラと発光ダイオード(LED)照明を搭載し、内部の様子を撮影する。

ヘビ型ロボを原発に届けるガイドパイプと電源などの投入装置は、クレーン車で原発上空につるす。ガイドパイプなどは上空で回転してしまうため、ファンを設置して風を送って回転を制御する。ヘビ型ロボは遠隔操縦で走行し、投入装置から半径約30メートルの範囲を調査できる。

福島原発では使用済み燃料プールから燃料棒を取り出すために、崩落した屋根を取り除く必要がある。鉄骨やコンクリート板などが複雑に積み重なっており、がれきを崩さずに除去するには、がれきの支持点や、支持点への力のかかり具合などを調べる必要があった。

(2017/5/3 05:00)

関連リンク

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる