[ ICT ]

猛威ふるうランサムウエア、工場などを標的に―収束見えず、対応急務

(2017/5/15 05:00)

  • 12日、ランサムウエアに感染した場合の警告文を表示してみせる台湾のプログラマー(EPA=時事)

「ランサムウエア」と呼ばれるコンピューターウイルスが猛威を振るっている。前週からの大規模サイバー攻撃は世界約100カ国に広がり、欧州では自動車工場などが生産停止を余儀なくされ、日産自動車の英サンダーランド工場も被害にあった。感染被害は収束しておらず、日本でも週明け15日以降の対応策が急務となっている。

ランサムウエアは感染したパソコンの操作をロックしたり、ファイルを暗号化したりして、復旧の代わりに金銭(身代金)を要求する。被害は海外が先行していたが、ここ1年で日本を狙った攻撃も急増している。

対応策として、事態を受け、14日に記者向け説明会を開いた情報処理推進機構(IPA)は「不信な電子メールに気を付け、ソフトウエアは最新の状態にすべき身代金を支払うべきではない」と注意を喚起した。

一方で、被害を受けると、業務が滞ることから、身代金支払いに応じている企業は想定以上に多い。セキュリティー専業のトレンドマイクロの調査によると、「感染した日本企業の6割以上が身代金を支払っている」ことが確認されている。

手口は巧妙で、電子メールの本文中に記載されているURLのウェブサイトがランサムウエアに感染するように細工されていることもある。今回の攻撃では工場のほか、金融機関や公共機関、病院、鉄道などの重要インフラも標的となった。

(2017/5/15 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる