INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 科学技術・大学 ]

横浜市大、そううつ病の原因を解明 たんぱく質の異常・病態との関連特定

(2017/5/16 05:00)

  • 横浜市立大学提供

横浜市立大学学術院医学群の五嶋良郎教授らは、気分の高ぶりと落ち込みを繰り返す「そううつ病」の原因を解明した。この疾患の患者から採取した組織からiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作り解析。患者の脳では、細胞の形や骨組みの調節に関わるたんぱく質「CRMP2」の異常が起き、病態と関わることを突き止めた。そううつ病の新しい治療法の開発につながる可能性がある。

そううつ病患者には、気分安定薬である炭酸リチウムが使われている。良く効く人とそうでない人がいることが知られていたが、その仕組みは分かっていなかった。 

患者のiPS細胞を使った実験を実施。炭酸リチウムが効く患者の脳では、結合したたんぱく質の機能や働きを変える「リン酸基」がCRMP2に付きやすくなっていることが分かった。さらに炭酸リチウムがCRMP2とリン酸基との結合を抑えることを明らかにした。  

米サンフォード・バーナム・プレビス医学研究所との共同研究。成果は米科学アカデミー紀要電子版に掲載された。

(2017/5/16 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか!
取り残される日本のものづくり

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか! 取り残される日本のものづくり

「酸素が見える!」楽しい理科授業
酸素センサ活用教本

「酸素が見える!」楽しい理科授業 酸素センサ活用教本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい土壌の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい土壌の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい3Dものづくりの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい3Dものづくりの本

IoTで変わるのは製造業だけじゃない
農業・医療・金融・サービス・教育分野で産まれる新ビジネス

IoTで変わるのは製造業だけじゃない 農業・医療・金融・サービス・教育分野で産まれる新ビジネス

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいクロスカップリング反応の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいクロスカップリング反応の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン