INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 科学技術・大学 ]

東大、世界最高性能の伸縮性導体を開発−ゴム内に銀ナノ粒子

(2017/5/19 05:00)

東京大学大学院工学系研究科の松久直司博士と染谷隆夫教授らの研究チームは、世界最高性能の伸縮性導体を開発した。ゴム内で銀ナノ粒子が自然に形成することを発見し、この新素材が元の長さの5倍に伸ばしても高い導電率を持つことを確かめた。印刷可能な伸縮性の配線を使って、圧力や温度センサーを衣服などの上に形成可能になり、スポーツウエアやロボットへの応用が進む。英科学誌ネイチャーマテリアルズ電子版に掲載された。

研究チームは、ゴムにマイクロメートル寸法(マイクロは100万分の1)の銀フレークを混ぜるだけで、銀ナノ粒子がゴムの中に均一に自然発生する現象を発見した。

この伸縮性導体は、ペースト状の材料を印刷することによって、ゴムやテキスタイルなど伸縮する素材の上に自由な配線パターンを形成可能。従来の伸縮性導体は伸長させると導電率が大幅に下がる課題があった。

高い伸縮性が要求されるスポーツウエア型のウエアラブルデバイスや、人間よりも高い伸縮性を必要とするロボットの人工皮膚の実現につながる。

科学技術振興機構(JST)の事業の一環で開発した。

(2017/5/19 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

必携「からくり設計」メカニズム定石集
-ゼロからはじめる簡易自動化-

必携「からくり設計」メカニズム定石集 -ゼロからはじめる簡易自動化-

技術大全シリーズ 
めっき大全

技術大全シリーズ めっき大全

バーチャル・エンジニアリング
―周回遅れする日本のものづくり―

バーチャル・エンジニアリング ―周回遅れする日本のものづくり―

「酸素が見える!」楽しい理科授業
酸素センサ活用教本

「酸素が見える!」楽しい理科授業 酸素センサ活用教本

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか!
取り残される日本のものづくり

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか! 取り残される日本のものづくり

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい土壌の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい土壌の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン