INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 化学・金属・繊維 ]

三菱ケミ、レクサスに炭素繊維部品供給

(2017/5/19 05:00)

  • 炭素繊維複合材料が採用された「レクサスLC500」のドアインナー、ラゲッジインナー(三菱ケミカル提供)

三菱ケミカルは18日、トヨタ自動車が3月に発売した高級車レクサスに、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)材料が採用されたと発表した。新型クーペ「LC500」と「同h」のドアやラゲッジ部分のインナーに、シート・モールド・コンパウンド(SMC)と呼ぶCFRPが使われた。採用に当たり、大幅な軽量化と高い部材性能を実現した点や、複雑形状の部材を生産できる高い成形性が評価された。

三菱ケミカルはSMCを自動車分野へ売り込んでおり、トヨタへの採用は2月発売の「プリウスPHV」のバックドア用骨格部材に続き、2件目。

SMCはCFRPの中間基材の一種で、数センチメートルの炭素繊維を含むシート状の材料。2―5分程度のプレス工程で成形できるなど生産性が高い。連続した炭素繊維に樹脂を含浸したプリプレグよりも複雑な設計を行える。

(2017/5/19 05:00)

関連リンク

化学・金属・繊維のニュース一覧

おすすめコンテンツ

必携「からくり設計」メカニズム定石集
-ゼロからはじめる簡易自動化-

必携「からくり設計」メカニズム定石集 -ゼロからはじめる簡易自動化-

技術大全シリーズ 
めっき大全

技術大全シリーズ めっき大全

バーチャル・エンジニアリング
―周回遅れする日本のものづくり―

バーチャル・エンジニアリング ―周回遅れする日本のものづくり―

「酸素が見える!」楽しい理科授業
酸素センサ活用教本

「酸素が見える!」楽しい理科授業 酸素センサ活用教本

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか!
取り残される日本のものづくり

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか! 取り残される日本のものづくり

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい土壌の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい土壌の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン