INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 自動車・輸送機 ]

住友ゴム、タイヤの回転状況で路面の滑りやすさを検知する技術を開発

(2017/5/19 05:00)

  • センシングコアは、路面状況などを画面上に知らせる(画面は開発中のもの)

住友ゴム工業はタイヤの回転状況から道路面の滑りやすさやタイヤにかかる重さを検知する技術「センシングコア」を開発した。ブレーキの制御に用いている車輪速信号を独自のソフトウエアで検知するため、追加のセンサーが不要で低コスト。検知で得た情報を用い、スリップの危険性を運転者に告知したり、ビッグデータとして分析して路面に適した運転法を知らせたりといった応用を考えている。2020年の市販車搭載を目指す。

同技術は電子制御ユニット(ECU)にプログラムを組み込んで使う。ブレーキメーカーに提案する予定。

滑りやすさを知る技術は、車体速とタイヤの回転速をもとに計算する「スリップ率」と、「タイヤが止まったり動いたりする力」の関係を、車輪速信号から感知。滑りにくい路面ではタイヤの力に対してスリップ率は低いが、滑りやすいと高いスリップ率になる。同技術は運転者への警告などに応用可能だ。

タイヤにかかる重さの検知は、荷重が増えるとタイヤのたわみが増え、回転時の振動の周波数が拡大することを利用。ブレーキ圧力の最適化や車線変更時の姿勢保持などへの応用が期待できる。

センシングコアは「タイヤ空気圧低下警報装置(DWS)」の技術を発展させた。現時点では路面状況を感知するのに約2秒かかるため、開発に携わったオートモーティブシステム事業部の川崎裕章課長は「今後の実用化には精度と計算速度両方の向上が求められる」としている。

(2017/5/19 05:00)

関連リンク

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

必携「からくり設計」メカニズム定石集
-ゼロからはじめる簡易自動化-

必携「からくり設計」メカニズム定石集 -ゼロからはじめる簡易自動化-

技術大全シリーズ 
めっき大全

技術大全シリーズ めっき大全

バーチャル・エンジニアリング
―周回遅れする日本のものづくり―

バーチャル・エンジニアリング ―周回遅れする日本のものづくり―

「酸素が見える!」楽しい理科授業
酸素センサ活用教本

「酸素が見える!」楽しい理科授業 酸素センサ活用教本

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか!
取り残される日本のものづくり

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか! 取り残される日本のものづくり

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい土壌の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい土壌の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン