[ 科学技術・大学 ]

気象研、台風強度の予測精度を3割向上−米国手法を改良

(2017/5/22 05:00)

気象研究所の山口宗彦主任研究官らは、台風の強度を高精度に予測する手法を開発した。米国と連携して開発した新手法と気象庁の既存の予測手法を組み合わせ、日本の過去の台風データに適用。従来手法に比べ、台風の強度予測の精度を3割向上できることが分かった。正確な強度予測で被害を予想できれば、住民に早めの避難を促すなど対策を立てやすくなる。

米国ハリケーンセンター(NHC)が開発した「SHIPS」という予測手法を利用。現在の台風の強度や海面水温など、23種類の要因を数式に盛り込み日本版に改良した。

SHIPSを含む五つの予測手法を組み合わせ、2013―15年の全台風と予報を対象に、台風の中心気圧の予報精度を従来手法と新手法の場合で比較。1―5日後の予報で約30%精度が向上することを突き止めた。

近年、台風の進路予測の精度は大きく向上し、台風の進路の候補となる円の半径はここ20年で半分以下となった。だが台風の強度予測は進んでいなかった。成果は25日、国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)で開催の日本気象学会で発表する。

(2017/5/22 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる