INDUSTRIAL TRENDS AD

[ ロボット ]

【電子版】副操縦士は産業用ロボ、B737シミュレーターでの飛行・着陸に米社成功(動画あり)

(2017/5/20 10:30)

  • フライトシミュレーターの副操縦士席に取り付けられた産業用ロボット(オーロラ社の発表資料から)

実物のフライトシミュレーターでジェット旅客機「ボーイング737」を産業用ロボットが操縦し、飛行状態から無事着陸させることに成功した。米オーロラ・フライト・サイエンシズ(バージニア州)が16日に発表した。すでに軽飛行機や汎用輸送機「セスナ208キャラバン」などでは、人間のパイロットの監視のもと、実機での飛行操縦試験にも取り組んでいるという。

同社は無人機(UAV)などの開発企業。米国防総省国防高等研究事業局(DARPA)が進める「ALIAS(エイリアス)」プログラムの一環として、ロボットによる自動操縦技術の開発を進めている。

ただ、ALIASでは完全自動化が目的ではなく、産業用ロボットはあくまで副操縦士の位置づけ。既存の飛行機やヘリコプターに着脱可能なロボットを取り付け、自動化レベルを向上させることでパイロットの負担を軽減し、搭乗員数を削減するのが狙いという。

この研究開発プロジェクトで操縦席に後付けされるのは、デンマークのユニバーサルロボット製の協働ロボット。そのほかに画像認識用のマシンビジョンや、タブレット端末による操作インターフェース、音声認識・音声合成機能なども利用される。

【ロボットによるフライトシミュレーターの操縦】

【実際に飛行しているセスナ機での操縦の様子】

(2017/5/20 10:30)

関連リンク

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

人間とロボットの法則

人間とロボットの法則

ディープラーニングがロボットを変える

ディープラーニングがロボットを変える

おもしろサイエンス 
温泉の科学

おもしろサイエンス 温泉の科学

ノイズ対策を波動・振動の基礎から理解する!

ノイズ対策を波動・振動の基礎から理解する!

大人が読みたいアインシュタインの話
エジソンの発明と相対性理論の意外な関係

大人が読みたいアインシュタインの話 エジソンの発明と相対性理論の意外な関係

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい水道管の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい水道管の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン