[ 政治・経済 ]

特許庁など欧米中韓の商標5庁、「悪意の商標出願」で国際連携

(2017/5/22 05:00)

日本と米国、欧州、中国、韓国による商標5庁(TM5)は、国際商標協会(INTA)と連携して「悪意の商標出願」の対策に乗り出す。有名な地名やブランドなどの商標が海外において無関係な第三者により無断で商標出願・登録される事態が顕在化する中、特許庁など各国・地域の知的財産庁がそれぞれ代表的な事例を公表し、不正目的の行為をけん制。偽物の流通や誤った知識が広まるのを防ぎ、企業の輸出戦略などを側面支援する。

TM5を構成する各知財庁は、裁判や審判などで争われた「悪意の商標出願事例」をそれぞれ10件、合計50件掲載した事例集を策定した。INTAが24日まで開催中の年次総会で初めて公表する。判決や審決の要約、各庁の制度運用の比較表などを盛り込んだ。INTAは190カ国の政府機関、教育機関、企業など6700以上の会員で構成されており、年次総会でTM5とワークショップを共催し、事例集の周知を図る。TM5はウ...

(残り:235文字/本文:635文字)

(2017/5/22 05:00)

PR

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
ドライプロセス表面処理大全

技術大全シリーズ ドライプロセス表面処理大全

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

太陽光発電のスマート基幹電源化
IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

太陽光発電のスマート基幹電源化 IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

SDGs経営
“社会課題解決”が企業を成長させる

SDGs経営 “社会課題解決”が企業を成長させる

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン