[ ロボット ]

ユーザーの声、ロボットの魂に トヨタが新開発手法

(2017/5/22 05:00)

  • 生活支援ロボ「HSR」(20年実用化予定)

トヨタ自動車は生活支援ロボット「HSR」の実用化に向けて、ユーザーが参加するコミュニティー共創型の開発手法を取り入れる。トヨタがロボットや関連システムをプラットフォーム(基盤)として提供し、ユーザーや社外技術者などと機能やアプリケーションソフト(応用ソフト)を開発する。富士通などIT企業を中心に産業界ではユーザーとの対話による開発が普及し始めている。

HSRは2020年に実用化する予定。トヨタは日常生活でロボットに助けてほしい作業や開発優先順位をユーザーと共同で洗い出し、ロボットの作動に必要なアプリは何かを設定。その情報を社外のアプリ開発者に提供、開発に反映させる。

ユーザーからの情報収集手法やアプリ開発者の選定基準は今後、検討する。まずはプラットフォーム機としてHSRを提供する国際的なロボット競技会「ワールドロボットサミット」を通じて、活動を始め...

(残り:314文字/本文:714文字)

(2017/5/22 05:00)

Joint Media

PR

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

実用設計製図 
幾何公差の使い方・表し方
第2版

実用設計製図 幾何公差の使い方・表し方 第2版

超ロボット化社会
ロボットだらけの未来を賢く生きる

超ロボット化社会 ロボットだらけの未来を賢く生きる

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2017/2018/2019対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2017/2018/2019対応-

シッカリ学べる! 
機械設計者のための振動・騒音対策技術

シッカリ学べる! 機械設計者のための振動・騒音対策技術

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン