[ ロボット ]

ユーザーの声、ロボットの魂に トヨタが新開発手法

(2017/5/22 05:00)

  • 生活支援ロボ「HSR」(20年実用化予定)

トヨタ自動車は生活支援ロボット「HSR」の実用化に向けて、ユーザーが参加するコミュニティー共創型の開発手法を取り入れる。トヨタがロボットや関連システムをプラットフォーム(基盤)として提供し、ユーザーや社外技術者などと機能やアプリケーションソフト(応用ソフト)を開発する。富士通などIT企業を中心に産業界ではユーザーとの対話による開発が普及し始めている。

HSRは2020年に実用化する予定。トヨタは日常生活でロボットに助けてほしい作業や開発優先順位をユーザーと共同で洗い出し、ロボットの作動に必要なアプリは何かを設定。その情報を社外のアプリ開発者に提供、開発に反映させる。

ユーザーからの情報収集手法やアプリ開発者の選定基準は今後、検討する。まずはプラットフォーム機としてHSRを提供する国際的なロボット競技会「ワールドロボットサミット」を通じて、活動を始め...

(残り:314文字/本文:714文字)

(2017/5/22 05:00)

PR

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」合格への厳選100問
第4版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験「機械部門」合格への厳選100問 第4版 合否を決める信頼の1冊!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい養殖の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい養殖の本

引き継がれる中小企業
後継者15人の「事業承継」奮闘物語

引き継がれる中小企業 後継者15人の「事業承継」奮闘物語

実務に役立つ 
販売士&販売スタッフ必携ポケットブック

実務に役立つ 販売士&販売スタッフ必携ポケットブック

シッカリわかる図面の解読と略図の描き方
機械図面の図形線をきちんと読み取って正しい略図を描く

シッカリわかる図面の解読と略図の描き方 機械図面の図形線をきちんと読み取って正しい略図を描く

製品設計者の手戻りをなくす 
プラスチック金型・成形 不良対策ファイル35

製品設計者の手戻りをなくす プラスチック金型・成形 不良対策ファイル35

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン