[ 政治・経済 ]

ベトナム・ダナン市−日系企業、進出ラッシュ

(2017/5/23 05:00)

  • 日本からの観光客も増加(ダナンの街並み=日本アセアンセンター提供)

ベトナム第3の都市、ダナン市への日系企業の進出が加速している。2011年に約50社だったダナン日本商工会の会員数が、今年3月までに約120社に達している。日本でダナン市に関するセミナーが増えて認知度が高まってきたほか、直行便の開設で日本からのアクセスが向上している点が奏功している。同市は11月にアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の開催地となり、一段と注目されそうだ。(大城麻木乃)

ダナン市は首都ハノイ、商都ホーチミン市に次ぐ第3の港湾都市。人口は現在約100万人だが、25年には200万人に達すると予想されている。

ベトナム航空が14年7月に成田空港からの直行便を開設したことで日本からの観光ブームに火がついた。渡航需要の高まりを受け、今年9月にはベトナムの格安航空会社ジェットスター・パシフィックが関西空港から直行便を就航する予定だ。

企業進出も盛ん。ハノイ市やホーチミン市に比べ大卒の人材確保が容易なことから、IT企業の集積地になりつつある。また、ベトナムからミャンマーまでを道路でつなぐ「東西経済回廊」の起点に位置するため、物流企業の進出も目立つ。

ベトナム商工会議所と米国国際開発庁が実施したベトナム各都市の投資環境ランキングによると、ダナン市は16年まで4年連続で首位。ハノイ市など他の都市に比べ投資手続きが容易で市政府の投資誘致も熱心なことが評価されている。ダナン市人民委員会はさらなる投資誘致を目指し、22日の週に相次いで、埼玉県と北海道で投資促進セミナーを開く。

日本貿易振興機構(ジェトロ)は3月にダナン市の衣・食・住情報を紹介する冊子「ダナンスタイル」を発行。11月のAPEC首脳会議に向け、地元は「空港やホテルなどのインフラ整備が急ピッチで進んでいる」と指摘している。投資が投資を呼ぶ好循環が生まれつつあり、ダナン駐日代表部(東京都千代田区)によると、「最近はビジネスホテルの進出も増えている」という。

(2017/5/23 05:00)

関連リンク

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!品質改善入門
<基礎知識><段取り><実践活動>

わかる!使える!品質改善入門 <基礎知識><段取り><実践活動>

熱設計を考慮したEMC設計の基礎知識

熱設計を考慮したEMC設計の基礎知識

未来の科学者との対話17
第17回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話17 第17回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

中小工場のためのIoT構築入門
低コストで簡単にシステムをつくる

中小工場のためのIoT構築入門 低コストで簡単にシステムをつくる

わかる!使える!工業塗装入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!工業塗装入門 <基礎知識><段取り><実作業>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン