[ 政治・経済 ]

厚労省、今年度障害者就労支援機器に助成−実用化に弾み

(2017/5/24 05:00)

  • 立ち仕事ができるようにする「ロデム トリ」

厚生労働省は、障害者の自立を支援する機器開発を促進する。機器開発に対する助成対象として、2017年度に新たに障害者の就労支援機器を追加する。障害者の自立や社会参加を支援する機器や技術は、市場規模が小さく、モニター評価も行いにくいとされ、これまで製品化が進みにくかった。新たな施策により、支援機器の開発の活性化や実用化に弾みをつける。

就労支援機器の一例として、操作が容易で軽量の点字・点図ディスプレーや、音声認識と併用できる補聴システム、難聴用スピーカー、手話認識・翻訳機器などを想定する。事務所や工場での作業に使用できる就労・作業支援ロボットや災害時避難用機器なども対象とする。

開発例としては、テムザック技術研究所(鳥取県米子市、檜山康明社長、0859・30・4275)が鳥取大学と共同で開発した立位作業・就労支援ロボット「ロデム トリ」がある。歩行が困難な人が車いすで出勤し、職場で同ロボットに乗り換えて、立ち仕事もできるようになる。今後、ユーザーのニーズと技術のシーズが合致した機器の開発が期待される。

(2017/5/24 05:00)

関連リンク

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
ドライプロセス表面処理大全

技術大全シリーズ ドライプロセス表面処理大全

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

太陽光発電のスマート基幹電源化
IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

太陽光発電のスマート基幹電源化 IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

SDGs経営
“社会課題解決”が企業を成長させる

SDGs経営 “社会課題解決”が企業を成長させる

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン