[ 科学技術・大学 ]

鉄系超電導物質に新たな「反強磁性相」−東工大が発見

(2017/5/29 05:00)

  • 明らかになった154SmFeAsO1-xDxの電子相図

東京工業大学科学技術創成研究院フロンティア材料研究所の飯村壮史助教、同大元素戦略研究センターの松石聡准教授、細野秀雄教授らは、超電導になる温度(超電導転移温度)が最高の鉄系超電導物質の新たな特徴を発見した。過剰に電子を注入すると、磁気モーメントを持つ「反強磁性相」が現れることが分かった。さらに高い転位温度を持つ鉄系超電導物質の設計に向けた指針となる。米科学アカデミー紀要電子版に掲載された。

研究グループは、鉄系超電導体中で最も高い転移温度を持つヒ酸水素化鉄サマリウムにおいて、新たな反強磁性相を発見した。水素アニオンを使って、従来法よりも5倍量以上の電子を注入すると、鉄ニクタイド中で最も大きな磁気モーメントを持つ反強磁性相が現れた。

この反強磁性相が示す磁気モーメントは鉄ニクタイド中で最も大きく、より局在化したスピンが高温超電導の発現に重要であることが示された。

文部科学省の元素戦略プロジェクトの一環で研究した。

(2017/5/29 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!熱処理入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!熱処理入門 <基礎知識><段取り><実作業>

成功する医療機器開発ビジネスモデル
ゼロからの段階的参入でブレイクスルーを起こす

成功する医療機器開発ビジネスモデル ゼロからの段階的参入でブレイクスルーを起こす

おもしろサイエンス 
熱と温度の科学

おもしろサイエンス 熱と温度の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいレーザ加工の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいレーザ加工の本

2019年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2019年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

技術士第二次「筆記試験」「口頭試験」合格必携アドバイス 第2版
先輩合格者が合格するための秘訣を親身に解説!<2019年度改正対応>

技術士第二次「筆記試験」「口頭試験」合格必携アドバイス 第2版 先輩合格者が合格するための秘訣を親身に解説!<2019年度改正対応>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン