[ トピックス ]

【電子版】中国イノベーション事情(10)経済特区深センの変貌(上)

(2017/5/31 05:00)

  • 深セン市内にある鄧小平氏の肖像画(筆者撮影)

模倣を脱し、イノベーション都市へ

振り返ってみれば、1978年に中国で「改革・開放」政策がスタートした時、香港の隣に位置する深センは小さな漁村にすぎなかった。79年に鄧小平氏の音頭で経済特区として指定された深センは、「改革・開放」を追い風に飛躍的な発展を遂げ、わずか30数年で北京、上海、広州に次ぐ4番目の重要なメガシティー(人口1000万人以上の都市)へと大きく変貌した。

深センは80年代以降、外資を誘致し、労働集約的な「両頭在外」(原材料の調達先も加工品の販売先も海外に依存)方式で、「世界の工場」としての地位を築き上げた。そして、90年代後半からは「山寨」(模倣、パクリの意味)携帯をはじめ、電子製品の模倣が活発に行われ、「山寨」電子製品の街として知られるようになった。2000年代に入ると、深センはこれまでの発展で整備された産業基盤をベースに、イミテーションから積極的に姿勢を転換してイノベーションを追い求めるようになり、山寨都市からの脱皮に成功した。

  • 鄧小平氏の銅像がある蓮山公園から眺める深セン市中心部の風景(筆者撮影)

現在、深センを拠点として活動している中国の企業は多数ある(表参照)。世界でも名高いのが、情報通信企業であるファーウェイ(Huawei、華為)とZTE(中興)だ。このほか、9億人超のユーザーを擁するメッセンジャーアプリ「Wechat(ウィーチャット)」を開発したテンセント(騰訊)など、枚挙にいとまがない。

14年の深センの域内総生産(GRP)に占める研究開発(R&D)支出は約4%で、全国平均の2倍に達している。ファーウェイのように売上高の約15%をR&D(15年の売上高は3950億元で、R&D支出は596億元)に投入するリード企業の存在が大きい。15年の国際特許出願件数では、ファーウェイが世界1位、ZTEが3位を占めている。企業の技術力の向上が顕著で、イノベーションで生み出した高付加価値の製品やサービスの提供を目指す企業が増えている。

  • 深センを拠点とする中国の有名企業

『中国モノマネ工場』(日経BP社、11年)の著者の阿甘氏は、「一時の模倣はコピー、普遍の模倣は革命」と繰り返し訴える。また米国の学者であるカル・ラウスティアラ、クリストファー・スプリグマン両氏は、ファッションや音楽、食などの分野の検証を用いて、模倣が創造性を促進すると論証した(『パクリ経済―コピーはイノベーションを刺激する』、みすず書房、15年)。幸い、深センは普遍の模倣という山寨革命から始まり、進化を遂げ続けている。深センの成長は、まさに模倣がイノベーションを刺激する好例であることを示している。

(隔週水曜日に掲載)

【著者プロフィール】

富士通総研 経済研究所 上級研究員 

趙瑋琳(チョウ・イーリン)

79年中国遼寧省生まれ。08年東工大院社会理工学研究科修了(博士〈学術〉)、早大商学学術院総合研究所を経て、12年9月より現職。現在、ユヴァスキュラ大学(フィンランド)のResearch Scholar(研究学者)、静岡県立大グローバル地域センター中国問題研究会メンバー、麗澤大オープンカレッジ講師などを兼任。都市化問題、地域、イノベーションなどのフィールドから中国経済・社会を研究。論文に『中国の「双創」ブームを考える』『中国の都市化―加速、変容と期待』『イノベーションを発展のコンセプトとする中国のゆくえ』など。

(2017/5/31 05:00)

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン