[ 科学技術・大学 ]

超小型衛星が拓く・宇宙開発(16)リーマンサットスペーシズ−地球背景に“自撮り”

(2017/6/2 05:00)

  • 衛星RS―01(リーマンサットスペーシズ提供)

宇宙開発が趣味の会社員や学生が集まった団体「リーマンサットスペーシズ」(宮本卓代表理事)は、地球や宇宙を背景にし衛星の“自撮り”機能を実証する「リーマンサット・プロジェクト」を進める。平日の夜や休日に集い、超小型衛星を開発している。

開発中の衛星「RS―01」は、宇宙空間での自撮りに機能を特化。カメラを取り付けたロボットアームを伸び縮みさせ、地球周回軌道上で衛星が地球や宇宙をバックに自らを撮影する。技術班の嶋村圭史(たかふみ)氏はこのアイデアを基に「自撮り画像から、衛星の破損を把握するなどできるのではないか」と考えている。

2014年、プロジェクトは5人のメンバーで始まった。現在120人が衛星開発に力を注ぐ。衛星の製作には、メンバーの一員であるCreative Worksやアリジ工業所など、東京都江戸川区の町工場が携わっている。

自撮り機能の実証前に衛星の基本機能を実証する必要が出たため、16年10月から試験機「RS―00」を開発。大きさは10センチメートルの立方体で質量は1・3キログラム。18年の打ち上げを目指す。

RS―00特有のミッションもある。願い事を音声データにして衛星に載せ、宇宙に届ける「宇宙ポスト」の機能を持たせている。打ち上がった衛星から自分の願い事を無線で聞くことができる。

創設メンバーの一人である菅田朋樹氏は、「打ち上げた衛星は数カ月で地球に落ちて流れ星になる。これに合わせたイベントをやりアピールしたい」と社会に向けてプロジェクトの輪を広げたい考えだ。(冨井哲雄)

(2017/6/2 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!熱処理入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!熱処理入門 <基礎知識><段取り><実作業>

成功する医療機器開発ビジネスモデル
ゼロからの段階的参入でブレイクスルーを起こす

成功する医療機器開発ビジネスモデル ゼロからの段階的参入でブレイクスルーを起こす

おもしろサイエンス 
熱と温度の科学

おもしろサイエンス 熱と温度の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいレーザ加工の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいレーザ加工の本

2019年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2019年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

技術士第二次「筆記試験」「口頭試験」合格必携アドバイス 第2版
先輩合格者が合格するための秘訣を親身に解説!<2019年度改正対応>

技術士第二次「筆記試験」「口頭試験」合格必携アドバイス 第2版 先輩合格者が合格するための秘訣を親身に解説!<2019年度改正対応>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン