[ ICT ]

インフォテリア、総会でブロックチェーン利用した議決権行使を実証

(2017/6/5 05:00)

  • 実施概要(インフォテリア提供)

インフォテリアは株主総会における議決権行使について、ブロックチェーン(分散型台帳)技術を用いた実証実験を行う。「株主総会の主催者でもデータを改ざんできない」(インフォテリア)などブロックチェーンの特性を生かして、公正で透明性の高い投票システムを証明する。上場企業の株主総会の議決権行使で、ブロックチェーンを用いた実証実験を行うのは世界初という。

システム基盤にはテックビューロ(大阪市西区)のブロックチェーン「mijin」と、米マイクロソフトのクラウド基盤「アジュール」を使用する。結果分析などのデータ連携ではインフォテリアの「アステリア・ワープ」を使う。特別なアプリケーション(応用ソフト)を必要とせず、パソコンやスマートフォンなどから投票が可能。

実証実験では、24日に開く同社の定時株主総会の議案と同一の議題を使用するが、実証実験ゆえに「実際の株主総会の議決には反映しない」(同社)という。

また今回はインフォテリアの株主でなくても、事前に登録すれば模擬株主として実験に参加できる。16日まで専用サイトで登録を受け付けており、幅広く参加者を募る。

実証実験の投票日は19−23日。投票結果は24日の株主総会後に公表する。将来は信託銀行などからの応用プログラムインターフェース(API)によって、株主情報を得ることを想定しているという。

(2017/6/5 05:00)

関連リンク

電機・電子部品・情報・通信のニュース一覧

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる