[ ロボット ]

ドローンに“腕”後付け−広島大、重心ぶれ防ぐ機構開発(動画あり)

(2017/6/7 05:00)

(広島大提供)
  • アームでペットボトルをつかむドローン(広島大提供)

広島大学大学院工学研究院の高木健准教授と大西義典大学院生らは、飛行ロボット(ドローン)に後付けできるアームを開発した。荷物をつかんでも重心がずれない。ドローンの姿勢が崩れないため作業しやすい。パイプをつかんでとどまることも可能。高所にとどまって監視カメラとして機能するなど、ドローンの用途が開ける。2年内に技術移転先の企業を見つけたい考えだ。

アームの長さは50センチメートルで、重心の移動を打ち消すスライド機構を設けた。アームを伸ばしても40センチメートル程度の範囲までなら重心が変わらない。ペットボトルの回収や縄ばしごをかける作業に成功している。ドローンは飛行中にふらつきやすく、フックのような単純な機構では作業が難しい。アームを制御すれば、効率的に作業できるという。つかんだ後はアームは固定されるため飛行中に重心がふらつかない。

アームの重量は2・2キログラムで、4キログラムの物を持ち上げられる。ドローンの重量を含めてアームで自重を支えられる。屋内では鳥が枝にとまるように、ドローンがパイプをつかんでとどまることに成功した。この状態ではプロペラを止められる。橋やビルなどの高所にとどまってカメラで撮影したり、荷物を届ける着陸ポートを立体的に設計したりできる。

今後、屋外でアームがパイプをつかんだ状態からの離陸の信頼性を高める。市販のドローンに後付けでき、荷物にあわせて装着装置を作り込むよりも汎用性が高いという。内閣府の「革新的研究開発推進プログラム」(ImPACT)で開発した。

(2017/6/7 05:00)

関連リンク

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

目利きが教えるエンドミル使いこなしの基本

目利きが教えるエンドミル使いこなしの基本

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる