[ 科学技術・大学 ]

ミトコンドリア保護でパーキンソン病改善−順天堂大が発見

(2017/6/8 05:00)

順天堂大学大学院医学研究科の服部信孝教授と今居譲先任准教授らは、細胞内でエネルギーを作る器官「ミトコンドリア」を保護すると、神経変性疾患の「パーキンソン病」の病態が改善することを突き止めた。ハエを使った実験で証明した。疾患の予防や治療法の開発につながる可能性がある。

成果は7日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に掲載された。

パーキンソン病は高齢者に多く発症する疾患で、手足の筋肉の硬直や震えなどの症状が出る。神経伝達物質の「ドーパミン」を出す神経細胞の変性が原因だが、予防法や治療法は確立していない。

研究チームはパーキンソン病の患者で変異がある遺伝子で、ミトコンドリア内で働く「CHCHD2」に着目。

遺伝子を自由に書き換えることができる「ゲノム編集」技術により、CHCHD2を変異させたハエでは、ドーパミン神経のミトコンドリアは機能不全を起こし、神経細胞死が起きていた。

これに対し、CHCHD2を変異させたハエで、ミトコンドリアの代謝を抑える遺伝子「4E―BP」を発現させると、ミトコンドリアの機能は改善した。

今居先任准教授は、研究がさらに進めば「ミトコンドリアを保護する薬剤の開発など、治療法の確立につながる可能性がある」と語った。

(2017/6/8 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる