[ ロボット ]

外径6mmの波動歯車減速機、前田精密が試作

(2017/6/13 05:00)

【神戸】前田精密製作所(神戸市中央区、前田正社長、078・351・2424)は、外径6ミリメートルと業界で最小クラスの波動歯車減速機を試作した(写真下)。狭い場所で使え、ロボットハンドやアーム、医療、農業分野などの精密機械の小型化に役立つとし、サンプル供給を始める。

歯のピッチが0・125ミリメートルに相当する0・04モジュールの超小型歯車や、最も薄い部分が60マイクロメートル(マイクロは100万分の1)の歯車など、精密加工技術を活用した小型精密歯車の採用で実現した。新事業展開に取り組む中小企業を対象とした神戸市の支援制度の助成を受け、開発を進めてきた。

波動歯車減速機は位置決めなどで高精度制御ができ、ロボットの駆動部などに採用されている。狭所や小型部品を扱うなど、繊細な作業をするために、減速機の小型化が求められていた。

同社は小型の精密歯車やギア機構を手がける。これまで、0・25ミリメートルピッチの0・08モジュールの歯車、外径10ミリメートルの減速機(写真上)などを商品化している。

(2017/6/13 05:00)

関連リンク

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン