[ 科学技術・大学 ]

JAXAなど、高品質たんぱく質の結晶化に成功-「きぼう」4度C環境下で

(2017/6/14 05:00)

  • ISSの日本実験棟「きぼう」で結晶を作製(ISS、JAXA/NASA提供)

ペプチドリームと宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、微小重力と気温4度Cの環境を組み合わせ、地上では難しかったたんぱく質の高品質な結晶を作ることに成功した。国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」を利用。疾患に関わるたんぱく質の詳細な形状が明らかになると期待され、創薬の研究開発が加速しそうだ。

2月24日―3月18日まで「きぼう」において、高品質な結晶を得ることを目的とした4度Cでのたんぱく質結晶化実験を実施。遺伝子に異常をきたすと、がん遺伝子として働く「HER2」のたんぱく質と、このたんぱく質に結合して働きを抑える薬剤の候補化合物を結晶化した。

結晶生成後、地上に持ち帰った結晶を大型放射光施設(SPring―8)のX線で解析。0・25ナノメートル(ナノは10億分の1)の空間解像度で、HER2と同薬剤候補化合物の結合の様子を明らかにした。従来ISSでのたんぱく質の結晶化は20度Cで行っていた。

今回の結果を踏まえ両機関は契約を結び直し、8月からの3年間と従来の契約期間を倍増。さらに高品質のたんぱく質結晶生成実験において、現在の6倍の30種類の試料を取り扱う契約を結んだ。

(2017/6/14 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる