[ オピニオン ]

産業春秋/解釈改憲の行く末

(2017/6/15 05:00)

東南アジア諸国連合の首脳が出席する国際会議で、見慣れてしまった風景がある。ミャンマーの代表がティンチョー大統領ではなく、アウンサンスーチー国家顧問であることだ。

ミャンマー憲法の規定では、親族に外国人がいる者は大統領になれない。最高実力者であるスーチー氏の今の処遇は苦肉の策といえる。それでも2016年春に国家顧問になった当時は、大統領とともに会議に出ていた。

いつのまにかスーチー氏単独になり、国際世論も疑問を抱かなくなった。日本政府もスーチー氏を元首同等に待遇している。外交上の正当性を維持するためか、役職名をあえて「国家最高顧問」と訳している。

辛いのは大統領の方だろう。「側近に『もう辞めたい』とこぼしているそうだ」とは、長年ミャンマーを研究している大学教授から聞いた話。憲法で決めたことも慣習が続けばゆがめられ、おかしな状況も見慣れてしまうと既成事実になる実例だ。

日本も人ごとではない。自衛隊は憲法違反ではないという“解釈改憲”が、このまま見慣れた状態でいいのか。安倍晋三首相が訴える憲法改正は、条文を付け加えるだけなのか。ただどんな場合でも、改憲プロセスは、なし崩しにしてはならない。

(2017/6/15 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2020/2021/2022対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2020/2021/2022対応-

めっちゃ使える! 
設計目線で見る「機械材料の基礎知識」
必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

めっちゃ使える! 設計目線で見る「機械材料の基礎知識」 必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン