[ 科学技術・大学 ]

横浜市大など、ヒトiPS肝臓の培養過程解明−品質評価手法の開発に道

(2017/6/15 05:00)

横浜市立大学学術院医学群の関根圭輔助教や谷口英樹教授らは、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った肝臓を1細胞ごとに分析し、肝臓が作られる仕組みの一端を解明した。ヒトiPS細胞から肝臓の基になる立体的な小型肝臓を作製し解析。一般的な手法で平面的に培養した肝臓の細胞より、生体内の肝臓の細胞に近かった。iPS細胞から作った組織の品質評価手法の開発につながり、再生医療や創薬への応用が期待される。

ドイツ・マックスプランク研究所や米シンシナティ小児病院との共同研究。成果は15日、英科学誌ネイチャー電子版に掲載される。

横浜市大は国立成育医療研究センターと共同で、小型肝臓を移植する臨床研究を2019年にも実施する計画。谷口教授は、「今回の手法を利用し、得られた知見を臨床研究に反映したい。細胞同士のつながりをさらに調べれば、がんの研究にも役立てられるのではないか」としている。

研究チームは1...

(残り:198文字/本文:598文字)

(2017/6/15 05:00)

Journagram→ Journagramとは

PR

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる