INDUSTRIAL TRENDS AD

[ ロボット ]

東北大など、空気噴射でがれきを乗り越えるヘビ型ロボ開発 19年実用化(動画あり)

(2017/6/16 05:00)

(東北大学提供)

東北大学と八戸工業高等専門学校、国際レスキューシステム研究機構などは、空気噴射でがれきを乗り越えるヘビ型調査ロボット(写真)を開発した。はうことしかできなかったヘビ型ロボが、高い視点からの撮影や方向転換などが簡単にできるようになった。地震で倒壊した家屋の調査などに提案。2019年の実用化を目指す。

ヘビ型ロボは太さ5センチメートルで長さ8メートル。身体の周囲にナイロン製の短い毛が生えており、振動させると毛並みの方向に進む。コンプレッサーで圧縮空気を送り、ロボの先端から噴射して頭を30センチメートルほど持ち上げて方向転換。頭を持ち上げながら前進し、高さ20センチメートルの段差を乗り越えられる。がれき内部の要救助者を効率的に捜索できるとしている。

従来のヘビ型ロボはがれきの隙間など複雑な地形に沿って進入することができるが、大きく身体を動かすことが難しかったため、空気噴射機能に着目した。内閣府の革新的研究開発推進プログラムで開発した。

(2017/6/16 05:00)

関連リンク

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかるSOLIDWORKS演習
-モデリングマスター編-<改訂第2版>

よくわかるSOLIDWORKS演習 -モデリングマスター編-<改訂第2版>

きちんと学ぶレベルアップ機械製図
-ベテラン設計者が教える基本から実践まで-

きちんと学ぶレベルアップ機械製図 -ベテラン設計者が教える基本から実践まで-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいバルブの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいバルブの本

実践 エンジニアリング・チェーン・マネジメント
-IoTで設計開発革新-

実践 エンジニアリング・チェーン・マネジメント -IoTで設計開発革新-

人間とロボットの法則

人間とロボットの法則

ディープラーニングがロボットを変える

ディープラーニングがロボットを変える

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門紙・海外ニュースヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン