INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 機械 ]

DMG森精機、MC加工範囲を60%拡大する汎用治具を開発

(2017/6/19 05:00)

  • MCのテーブルと一体型にした「ビルトインバイス」

DMG森精機は立型マシニングセンター(MC)の加工範囲を、上下方向のZ軸で従来比で約60%増に広げる汎用治具(バイス)を開発した。Y軸方向は同約70%増。バイスは加工対象物(ワーク)を左右から挟み込んで固定する器具。左右の固定部を分離し、MCのテーブルと一体型にした。一式の価格は46万3000円(消費税抜き)。20日に発売し、年間100セットの販売を目指す。

開発した「ビルトインバイス」は、DMG森精機の新型機「i30V」など主軸40番とされる大きさの立型MC向け。バイスが従来より小さく、機内の加工空間を広く有効に使える。対応するワーク体積は同2・7倍になる。同様のバイスは世界初という。治具メーカーのナベヤ(岐阜市)と共同開発した。

ワークを斜め上から下に押さえつけるように固定するため、従来品で生じるワークの浮き上がりを防止できる。これにより、びびり振動を抑え、精度を高める。また、重量を同8分の1ほどに軽くし、取りつけやすくした。また高さを上げるなどのオプション部品を用意し、柔軟性を持たせた。

テーブルは直交するT溝を持ち、従来と同じく複数のバイスを同時に取りつけられる。20―24日に伊賀事業所(三重県伊賀市)で開く自社展示会「IGAイノベーションデイズ2017」で初披露する。

(2017/6/19 05:00)

機械・ロボット・航空機1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいバルブの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいバルブの本

実践 エンジニアリング・チェーン・マネジメント
-IoTで設計開発革新-

実践 エンジニアリング・チェーン・マネジメント -IoTで設計開発革新-

ディープラーニングがロボットを変える

ディープラーニングがロボットを変える

人間とロボットの法則

人間とロボットの法則

おもしろサイエンス 
温泉の科学

おもしろサイエンス 温泉の科学

ノイズ対策を波動・振動の基礎から理解する!

ノイズ対策を波動・振動の基礎から理解する!

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

専門紙・海外ニュースヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン