[ 政治・経済 ]

【電子版】仏下院選、マクロン新党が圧勝―「数の力」で改革推進へ

(2017/6/19 15:30)

  • マクロン仏大統領=18日、パリ近郊(EPA=時事)

 【パリ時事】18日投開票のフランス国民議会(下院)選決選投票で、マクロン大統領が結成した中道新党「共和国前進」が約6割の議席を獲得し、圧勝した。マクロン大統領は選挙で得られた「数の力」を背景に、これまでに公約した労働規制緩和をはじめとする改革を推進する構えだ。

 大統領は落選した閣僚は更迭すると宣言していたが、利益供与疑惑が浮上したフェラン国土整備相を含め全閣僚が当選したため、選挙後に見込まれる内閣改造は小幅にとどまる公算が大きい。最大野党となった右派・共和党の弱体化を狙い、同党議員をさらに起用する案が取り沙汰されている。

 マクロン政権は企業活動を後押しするため、従業員を解雇した際の補償金に上限を設けるといった労働規制緩和に取り組む方針だ。

 オランド前政権では、当時の与党・社会党の一部議員の反発を受けて大胆な改革を打ち出せなかったが、マクロン大統領は下院の大半を自陣営の改革派議員で固めることに成功した。上院で多数を握る共和党は改革の方向性に大筋で賛同しており、議会対策は前政権よりも容易になるとみられる。

 一方、労働組合はこうした政策に強く反発。決選投票の投票率が約43%と史上最低水準にとどまったことから、政権が有権者の強い信任を得たとは言い難く、痛みを伴う改革を国民がどこまで支持するかも不透明だ。改革を強行すれば、大規模なストや抗議活動が相次ぐ恐れもある。

 今回の選挙は、共和国前進が既存政党からの脱却を掲げて民間の候補者を中心に擁立した結果、新人議員が与党のほとんどを占める「前代未聞」(上院議員)の事態となった。仏紙レゼコーは「右も左も分からない大量の新人議員は政権のリスクとなる」と指摘しており、与党議員の教育も課題となりそうだ。

 地元メディアの推計によると、定数577の下院で共和国前進は350議席を得る。共和党などの右派グループは約3割減の136。社会党を中心とする左派グループは46と8割以上議席を減らす。

(2017/6/19 15:30)

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン