[ 科学技術・大学 ]

小胞体のたんぱく質増量で神経細胞死を抑制−国立長寿医療研が解明

(2017/6/20 05:00)

国立長寿医療研究センターの関谷倫子研究員と飯島浩一研究室長らは、細胞内のたんぱく質の品質を管理する器官「小胞体」で、たんぱく質「EDEM」を増量すると、神経細胞などの細胞死が抑えられることを突き止めた。ハエの実験で明らかにした。アルツハイマー病などの神経変性疾患の予防や治療法の確立が期待される。

小胞体では、蓄積した異常なたんぱく質を除去する際に「小胞体ストレス応答」が起きる。この応答は強力な防御機構だが、細胞が正常に維持されない場合は細胞死を引き起こす。神経変性疾患の患者では、慢性的に応答の上昇が起きる。

研究チームは小胞体内で異常たんぱく質を除去する働きをもつEDEMに着目。神経変性疾患モデルのハエを使い、EDEMを約2倍の量に増やすと神経細胞死が抑えられることを明らかにした。

さらに神経細胞以外の腸や筋肉の細胞でEDEMを増加させると、老化に伴う運動機能低下が抑えられ、寿命延長の効果も見られた。国立遺伝学研究所と首都大学東京との共同研究で、成果は20日、米科学誌デベロップメンタル・セルに掲載される。

(2017/6/20 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

中小工場のためのIoT構築入門
低コストで簡単にシステムをつくる

中小工場のためのIoT構築入門 低コストで簡単にシステムをつくる

わかる!使える!工業塗装入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!工業塗装入門 <基礎知識><段取り><実作業>

超ロボット化社会
ロボットだらけの未来を賢く生きる

超ロボット化社会 ロボットだらけの未来を賢く生きる

実用設計製図 
幾何公差の使い方・表し方
第2版

実用設計製図 幾何公差の使い方・表し方 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン