[ ICT ]

【電子版】スマートスピーカーを手軽に商品化、米クアルコムが製品キット提供

(2017/6/19 17:00)

アマゾンとグーグルの音声認識機能にも対応

  • スマートスピーカー市場で売り上げトップのアマゾン「エコー」(ブルームバーグ)

アマゾンの「エコー」やグーグルの「グーグルホーム」、そしてアップルが今月初めに発表した「ホームポッド」など、音声で情報を調べたり、家電製品への指示を出したり、音楽を楽しんだりできるスマートスピーカーの市場が拡大する中、米半導体大手のクアルコムが、スマートスピーカーのリファレンスデザイン(半導体メーカーによる応用製品の設計図)を15日に発表した。

製品に必要なハードウエアやソフトウエアなど、いわゆるプラットフォーム(基盤)を丸ごと用意したもので、これを活用すれば、スピーカーメーカーなどOEM先で自社ブランドのスマートスピーカーを手軽に商品化できるようになる。第3四半期に出荷開始予定。それに加え、年内にはアマゾンの「アレクサ」、グーグルの「アシスタント」という2大音声認識機能のサービスにも対応するという。

「クアルコム・オーディオ・プラットフォーム」と名付けたリファレンスデザインでは、マイクとスピーカー、演算処理やメモリーなど必要な機能を1チップにまとめたシステムオンチップ(SoC)、ハイレゾオーディオアンプ機能、ブルートゥースおよびWi-Fi無線通信、それに音声認識機能などが含まれる。複数のマイクを使って離れたところから音声や、「OK、グーグル」といった起動の合図を確実に聞き取ることができ、屋内に声が響く場合のエコーキャンセル機能も持たせた。

同社のアンソニー・ムレー上級副社長は声明の中で「ネット接続のスマートスピーカーに必要なハードやソフト、ツールがそろっており、開発期間を短縮できる」とその利点を強調した。

このほか、スマートスピーカーをめぐっては、米マイクロソフトの音声アシスタント「コルタナ」について、韓国・サムスン電子傘下の米ハーマンインターナショナルや米ヒューレット・パッカードが同ソフトを搭載した製品を開発中。スマートスピーカーの開発基盤となるリファレンスデザインの登場で参入企業が増え、競争が激しくなりそうだ。

(2017/6/19 17:00)

関連リンク

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

俯瞰図から見える 
日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

俯瞰図から見える 日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″
新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″ 新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

住みたい間取り
-自分でつくる快適空間-

住みたい間取り -自分でつくる快適空間-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいナノセルロースの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいナノセルロースの本

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか
重大事件から学ぶ失敗の教訓

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか 重大事件から学ぶ失敗の教訓

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい洗浄の本 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン