INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 科学技術・大学 ]

スパコン省エネ性能ランク、東工大「ツバメ3.0」が世界一

(2017/6/20 05:00)

  • ツバメ3・0(完成予想図)は8月に本格稼働予定(東工大提供)

東京工業大学と産業技術総合研究所は19日、それぞれ保有する最新のスーパーコンピューター(スパコン)が、スパコンの省エネ性能世界ランキング「グリーン500リスト」で1位と3位を獲得したと発表した。ドイツのフランクフルトで開かれたスパコンに関する国際会議(ISC2017)で同日発表された。

省エネ性能で世界トップに立ったのは、「TSUBAME(ツバメ)2・0/2・5」の後継機で、東工大学術国際情報センターが8月に本格稼働予定の次期スパコン「ツバメ3・0」。1ワット当たり14・110ギガフロップス(ギガは10億、フロップスは浮動小数点演算能力)の演算性能を持ち、実際に運用するスパコンとしては日本で初めて世界一となった。

一方、グリーン500リストで3位に入ったのは、産総研人工知能研究センターが4月に稼働を始めたクラウド型計算システム「産総研AIクラウド」(AAIC)。1ワット当たり12・681ギガフロップスを記録し、空冷方式に限ると世界1位の性能だった。

東工大のツバメは、人工知能(AI)やビッグデータ分野の計算処理で有効とされる16ビットの「半精度」で国内最大級の性能を持つ。AAICもAI研究開発に特化した共用計算プラットフォームとして国内有数。

両機関は共同で、「実社会ビッグデータ活用オープンイノベーションラボラトリ」を設置しており、これらの研究協力による成果となる。

(2017/6/20 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

必携「からくり設計」メカニズム定石集
-ゼロからはじめる簡易自動化-

必携「からくり設計」メカニズム定石集 -ゼロからはじめる簡易自動化-

技術大全シリーズ 
めっき大全

技術大全シリーズ めっき大全

バーチャル・エンジニアリング
―周回遅れする日本のものづくり―

バーチャル・エンジニアリング ―周回遅れする日本のものづくり―

「酸素が見える!」楽しい理科授業
酸素センサ活用教本

「酸素が見える!」楽しい理科授業 酸素センサ活用教本

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか!
取り残される日本のものづくり

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか! 取り残される日本のものづくり

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい土壌の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい土壌の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン