[ 自動車・輸送機 ]

米ボーイング、737MAXに新型機−12席増

(2017/6/20 05:00)

  • 737MAX10の開発を発表するマカリスター米ボーイング民間航空機部門社長兼CEO(左)

【パリ=戸村智幸】米ボーイングは19日(現地時間)、航空宇宙産業展「パリ国際航空ショー」で小型旅客機「737MAX」シリーズで胴体長が最長となる新型機「737MAX10」を開発すると発表した。3月に開発の検討を表明していたが、受注を確保できるとみて、正式に決めた。小型機市場では欧エアバスの小型旅客機「A320neo」が好調で、ボーイングは新機種投入で巻き返しを図る。

737MAX10は同シリーズで胴体長が最長のMAX9よりも、さらに1・68メートル胴体を長くした。座席数は230席確保でき、MAX9よりも12席分増やせる。ケビン・マカリスター民間航空機部門社長兼最高経営責任者(CEO)は「燃費の良さなど経済性が評価され、既に240機の受注を得られる見込みだ」と開発を決めた理由を説明した。

(2017/6/20 05:00)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン