[ 科学技術・大学 ]

小笠原諸島の西之島、14年並みに火山活動活発化−気象研が確認

(2017/6/21 05:00)

  • 西之島の火山活動(気象研究所提供)

気象研究所は4月下旬に再噴火した小笠原諸島の西之島が2014―15年と同程度まで火山活動を活発化していることを明らかにした。気象庁の海洋気象観測船「啓風丸」で5月下旬に西之島の火山の観測や採取した試料の分析の結果、マグマ活動の活発さを示す指標である火山ガスに含まれる二酸化硫黄の放出量が、前回の噴火活動中の値と同程度にまで戻っていた。

研究チームは西之島で、山頂の火口から溶岩の塊が噴き出す噴火や、噴火に伴う空気の振動などを観測した。高温の溶岩と海水が接触することで水蒸気爆発を起こす様子も確認した。

さらに火山ガス中の二酸化硫黄の放出量を紫外線分光計で観測。1日当たりの二酸化硫黄の放出量が500トンで、14―15年の放出量が1日当たり400―900トンであったことから、4月からの噴火活動は前回の噴火活動と同程度であることを示した。

西之島は東京都の南の方角約950キロメートルに位置する。13年11月に噴火して島自体が拡大し、16年に噴火を停止していた。

(2017/6/21 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる