[ 科学技術・大学 ]

超小型衛星が拓く・宇宙開発(19)キヤノン電子−上空600kmから地上撮影

(2017/6/23 05:00)

  • 地球観測光学技術実証衛星「CE−SAT−I」(キヤノン電子提供)

キヤノン電子は23日にも、同社初の超小型人工衛星をインド南部のサティシュ・ダワン宇宙センターからインドの「PSLVロケット」で打ち上げる。衛星に積んだ一眼レフカメラで地球周回軌道上から空間解像度1メートル、縦4キロ×横6キロメートルの長方形の写真の撮影を試みる。衛星ビジネス事業化への第一歩として同社の期待は大きい。

打ち上げるのは地球観測光学技術実証衛星「CE―SAT―I」。実は衛星完成までには長い道のりがあった。1999年の社長就任当初から、酒巻久社長は「宇宙事業をやりたい」という夢を持っていた。夢をかなえるため酒巻社長は経営再建に着手。10年後の2009年から社内人材で宇宙事業の基礎研究を始めた。

13年には当時の信州大学准教授で、現在は同社の衛星開発の責任者である酒匂信匡(さこう・のぶただ)衛星システム研究所所長が入社。本格的な衛星開発が始まり15年に試験機を完成させた。

展開前の衛星の大きさは50センチ×50センチ×80センチメートルの直方体で質量は60キログラム。上空600キロメートルの軌道から地上を撮影し性能を検証する。衛星には撮影領域が異なる2種類のキヤノン製カメラを搭載する。

地上の衛星画像は防災や農業などさまざまな分野への利用が期待される。酒匂所長は「実証実験を成功させ、衛星画像や衛星自体の販売につなげる。販売価格を1機あたり10億円以下に抑え、多くのユーザーに衛星を使ってもらいたい」とプロジェクトの成功に期待する。

(冨井哲雄)

(金曜日掲載)

(2017/6/23 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる