[ 機械 ]

オーセンテック、バリ取り機の研究・開発・生産 国内一貫体制を構築

(2017/6/26 05:00)

  • 新工場のイメージ

【相模原】オーセンテック(相模原市南区、高田浩社長、042・701・0285)は、バリ取り機など機械製品の研究・開発・生産の国内一貫体制を構築する。2020年の東京五輪・パラリンピックに関連して機械製品の需要が伸びており、海外の委託生産から、11月に稼働予定の国内新工場に一部の生産をシフトする方針だ。機械の月産能力を従来比倍増となる20台に増やす。これにより、20年3月期の売上高で、17年3月期比33・3%増の20億円を目指す。

オーセンテックは新工場を、相模原市緑区に建設する。敷地面積は1320平方メートル、鉄骨平屋建てで建築面積660平方メートル。投資総額は2億円。金属表面の検査用に新型の電子顕微鏡や、設計・解析用に新しいCAD/CAM/CAEなどのソフトウエアを導入する。エンジニアも増員し、バリ取りの自動化やIoT(モノのインターネット)に関する研究も手がける。

主力のバリ取り機「AuDeBu(オーデブ)」シリーズは社会インフラ用や家電用などの需要が拡大し、「生産が追いつかない状況が続いている」(高田全取締役)。そこで海外の委託生産から国内での自社生産に切り替えることで、増産対応と納期短縮につなげる。開発と生産の一体化により多様な顧客ニーズに対応していく。

今後はアジアなど海外での営業も強化する。

新工場建設にあたっては、神奈川県の企業立地支援事業「セレクト神奈川100」、相模原市の産業集積促進方策「ステップ50」の認定を受けた。

→ MF-Tokyo2017特集

(2017/6/26 05:00)

機械・ロボット・航空機2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる