[ 科学技術・大学 ]

少ない刺激で表皮再生−東京都市大など、プラズマ照射装置を開発

(2017/6/26 05:00)

  • 開発した装置を前に平田教授(右)と塩脇勝実泉工業社長

東京都市大学工学部の平田孝道教授と泉工業(神奈川県綾瀬市)などの研究グループは、細胞を直接治療できる大気圧プラズマを照射する装置を開発した。対象者の肌質や疾患の症状に応じ照射する密度や強度、時間などを調整する。遠赤外線やレーザーに比べ生体への刺激が少なく、自然な表皮を再生できる。今後臨床試験を行い、2022年までに医療機器として実用化を目指す。

大気圧プラズマを肌の表皮に照射すると、細胞の増殖を促すとされる。肌の生まれ変わりが早まり、表皮が再生する。壊死(えし)ややけどの治療につながるほか、美容分野における皮膚の改質・再生にも活用が可能だ。

プラズマを照射する治療法は患者への肉体的負担が少ない。既に外国製照射装置の導入が進んでいる。メンテナンスなどの問題から高まっている国産装置の開発ニーズに応え、同装置を開発した。

(2017/6/26 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」合格への厳選100問
第4版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験「機械部門」合格への厳選100問 第4版 合否を決める信頼の1冊!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい養殖の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい養殖の本

引き継がれる中小企業
後継者15人の「事業承継」奮闘物語

引き継がれる中小企業 後継者15人の「事業承継」奮闘物語

実務に役立つ 
販売士&販売スタッフ必携ポケットブック

実務に役立つ 販売士&販売スタッフ必携ポケットブック

シッカリわかる図面の解読と略図の描き方
機械図面の図形線をきちんと読み取って正しい略図を描く

シッカリわかる図面の解読と略図の描き方 機械図面の図形線をきちんと読み取って正しい略図を描く

製品設計者の手戻りをなくす 
プラスチック金型・成形 不良対策ファイル35

製品設計者の手戻りをなくす プラスチック金型・成形 不良対策ファイル35

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン