[ エレクトロニクス ]

東芝、「日米韓連合」に参加 メモリ株10%保有

(2017/6/27 05:00)

東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の売却をめぐり、東芝が出資を維持する意向であることが26日までに分かった。売却の優先交渉先である日米韓連合に参加し、議決権ベースで10%程度の株式を保有する方向で調整する。出資額は600億円規模になるもよう。東芝は業績堅調な東芝メモリからの配当収入による利益の下支え効果や、IoT(モノのインターネット)分野などでの事業のシナジー(相乗効果)創出を狙う。

日米韓連合には出資で政府系ファンドの産業革新機構、日本政策投資銀行、米ファンドのベインキャピタルが参加し、融資で韓国SKハイニックス、三菱東京UFJ銀行が参画する。普通株による6000億円のほか優先株、融資を組み合わせて2兆円で特定目的会社(SPC)を通じて買収する提案をした。

東芝は東芝メモリへの出資について日米韓連合の構成企業と調整する。政投銀が普通株で出資する1000億円(議決権ベースで16・5...

(残り:383文字/本文:783文字)

(2017/6/27 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録することでご覧いただけます。

Journagram→ Journagramとは

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン