[ オピニオン ]

産業春秋/「企業の歩み」から得るもの

(2017/6/27 05:00)

1874年(明7)に輸入砂糖商として神戸で創業し、大正期に売上高日本一の総合商社に上り詰めた鈴木商店。1927年(昭2)に破綻したものの、神戸製鋼所や帝人、双日など日本を代表する多くの企業の源流である。

そのOBらが60年(昭35)に屋号の「かね辰」にちなむ親睦団体「辰巳会」を発足した。2014年には神鋼などの協賛を得て、ウェブ上に「鈴木商店記念館」を開設した。さらに、かつて本店があった神戸市中央区栄町通に記念碑を建立、7月7日の除幕式後に市に寄贈する。

鈴木商店の歴史は城山三郎の小説『鼠』などで知られる。創業者の鈴木岩治郎、大番頭の金子直吉らが自由な気風で人を育て、後世に企業家精神を受け継いだ。その偉業は今も多くの人に敬愛される。

1918年(大7)の米騒動で市民の焼き打ちに遭ったのが衰退のきっかけのように思われがちだが、食品や繊維、化学、鉄鋼、造船、海運など多角化経営と急激な業容拡大に、人も組織もついていけなかった。資金調達機能を育てなかったことも経営の行き詰まりにつながったと指摘される。

繁栄と破綻の歴史から何を学ぶか。バーチャル記念館の貴重な資料で予習して、除幕式に備えようと思う。

(2017/6/27 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2020/2021/2022対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2020/2021/2022対応-

めっちゃ使える! 
設計目線で見る「機械材料の基礎知識」
必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

めっちゃ使える! 設計目線で見る「機械材料の基礎知識」 必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン