[ 商社・流通・サービス ]

JR東・東海、トヨタ株 125億円分取得 交通問題の協業視野

(2017/6/28 05:00)

JR東日本とJR東海が3月までにトヨタ自動車の株式を取得したことが分かった。JR東日本は将来の交通課題解決でトヨタとの協業を視野に入れる。時価にしてJR東日本が約45億円分、JR東海が約80億円分の株を保有している。またJR西日本とJR九州を含むJR上場4社は3月までに株式の持ち合いを始めた。JR各社は新たな協力関係の基盤づくりを目指す。

JR東日本とJR東海の両社は2016年までトヨタ自動車の株式を保有していなかった。時価総額が約19兆円のトヨタに対し、両社が取得した株式は合わせても0・1%に満たない。トヨタ株の取得についてJR東日本の首脳は「輸送モードの進化や2次交通の問題で一緒に考えていけそうだ」と意義を強調した。トヨタはJR東海の大株主でもある。

JR上場4社、株持ち合う

JR各社間には16年まで、ごく少額の出資を除き資本関係がなかった。ただ、16年10月にJR九州が上場しており、各社は従来の方針を改めて「独自の経営判断で」(各社広報)上場するJR他社の株式取得を決めた。4社はそれぞれ他3社の株を時価換算で各20億―50億円程度、出資比率で最大0・4%を保有しあう。

JR各社は資本関係がなかった期間も技術や営業、発券システムなどで連携を進めてきた。一般的には企業統治(コーポレートガバナンス)強化の観点から、株式の持ち合いを解消する動きが加速している。一方で、JR各社は株式の持ち合いを通じて、事業分野での連携深化を狙う方針だ。

(2017/6/28 05:00)

商社・流通・サービスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!熱処理入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!熱処理入門 <基礎知識><段取り><実作業>

成功する医療機器開発ビジネスモデル
ゼロからの段階的参入でブレイクスルーを起こす

成功する医療機器開発ビジネスモデル ゼロからの段階的参入でブレイクスルーを起こす

おもしろサイエンス 
熱と温度の科学

おもしろサイエンス 熱と温度の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいレーザ加工の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいレーザ加工の本

2019年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2019年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

技術士第二次「筆記試験」「口頭試験」合格必携アドバイス 第2版
先輩合格者が合格するための秘訣を親身に解説!<2019年度改正対応>

技術士第二次「筆記試験」「口頭試験」合格必携アドバイス 第2版 先輩合格者が合格するための秘訣を親身に解説!<2019年度改正対応>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン