[ 機械 ]

MF―Tokyo2017/インタビュー(11)阪村機械製作所・中野孝之社長ほか

(2017/6/29 05:00)

【阪村機械製作所社長・中野孝之氏】

  • 阪村機械製作所社長・中野孝之氏

―出展する装置の特徴を教えて下さい。

「今回の装置は圧造力2300キロニュートン、7工程、切断径23ミリメートル、切断長80ミリメートルのサーボフォーマーを出展する。サーボ化により製品精度の向上、成形工法の改善が見込める」

―自動化対応は。

「フォーマーで成形する部品は精密化が進み、ネットシェイプ化されることが多く、打痕傷は許されない。成形後の部品の打痕傷を防止するためのコンベヤーは既にある。今回は成形品をコンベヤーからピッキングし、コンテナに投入するロボットを出展する」

―ロボットの実用化は。

「顧客の現場では、2人ほどでピッキング作業を担当しており、この作業の自動化ニーズは高い。今後、フォーマーを使う工場内での耐環境性などの検証を進め、実用化する」

―IoT(モノのインターネット)対応はいかがですか。

「フォーマーの稼働状況から生産進捗(しんちょく)管理、保全管理、異常管理をパソコンなどで一括管理できるシステムを参考出展する。顧客の声を聞き完成度を高める」

(京都・水田武詞)

【しのはらプレスサービス常務・営業本部長 篠原清人氏】

  • しのはらプレスサービス常務・営業本部長 篠原清人氏

―今回のテーマは。

「これまで当社が提唱してきた『トータル・ソリューション・エンジニアリング』だ。ブースは点検・機械加工や修理・改装、安全装置、搬送装置、サーボ・加工、海外・協業・会社紹介など七つのコーナーで構成している。前回同様に25コマを確保しており、このスペースを最大限に活用し、プレス機械に関する問題を総合的に解決できることを訴求する」

―見どころは。

「トータル・ソリューション・エンジニアリングを一層推進するために当社が考えてきたIoT(モノのインターネット)を駆使したソリューションを発表することだ」

―IoT以外にも新商品を発表します。

「製造現場の保全活動をサポートするため、専門家でなくても一般ユーザーが非常に簡単に使用できるプレス機械の保全ツールを発表する。さらに、これまでにもIHIやアミノ(静岡県富士宮市)など他社との協業を積極的に進めてきたが、今回は装置メーカーとタイアップして開発した新しい商品も見てもらいたい」(千葉・中沖泰雄)

→ MF-Tokyo2017特集

(2017/6/29 05:00)

機械・ロボット・航空機1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる