[ ロボット ]

安川電機、中国で産業ロボ技術者3倍増 ニーズに即した開発

(2017/6/30 05:00)

安川電機は2017年度中に、中国で産業用ロボットの技術者を約3倍に増やす。技術者を30人体制とし、提携する家電大手の美的集団など現地メーカーと、現地ニーズに即したロボットを開発する。中国では人件費高騰に加え、政府がロボットなどを活用した製造業の高度化を後押ししている。開発体制を強化して現地ニーズに迅速に対応し、成長需要を取り込む。

安川電機はすでに江蘇省常州市を中心に広東省広州市などの拠点に約10人の技術者を配置。増員で電気通信機器産業向けロボットの開発を本格化する。従来、中国で主に自動車産業向けにロボットを供給してきた。

同社は15年に美的集団、17年にスマートフォン関連製品の受託生産(EMS)を手がける深圳市長盈(チャンイン)精密技術と提携した。提携を機に開発段階から両社とそれぞれ連携できる体制を構築。安川のロボット技術と美的や長盈の生産技術をいかす。サーボモーターなどの基幹部品は安川の現地工場から調達し、その他の部品は両社の現地調達網をいかして価格競争力も高める計画だ。

中国は人手不足などを背景に工場の自動化需要が拡大する。美的や長盈はロボットを活用して自社工場の生産を効率化する一方、そこで培ったノウハウの他社への販売も見据えている。安川は提携をテコに事業の拡大を図る。

(2017/6/30 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

眼科119番 第3版
一家に一冊・・・目の薬箱

眼科119番 第3版 一家に一冊・・・目の薬箱

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる