INDUSTRIAL TRENDS AD

[ オピニオン ]

産業春秋/信長公に学ぶ情報戦

(2017/7/6 05:00)

1575年(天正3)の梅雨時に起きた「長篠の戦い」。通説では、織田信長が鉄砲3000丁を用いた「三段撃ち」で攻め、戦国最強とうたわれた武田勝頼率いる騎馬軍団を壊滅させた。

だが史実は異なるようだ。もともと織田・徳川家康連合軍は武田軍の2倍以上の兵力があった。鉄砲を警戒する武田軍にうその情報を流し、長雨でぬかるんだ狭隘(きょうあい)な地に巧妙に誘い込み、鉄砲や柵を使って馬の足を止めた。三段撃ちの連続射撃は疑問視されている。

とはいえ、信長は天才といわれる。鉄砲や鉄甲船といった革新的な戦術を取り入れ、楽市楽座や撰銭令といった経済政策を導入した。情報の扱いにたけていたことも見逃せない。

一説では「桶狭間の戦い」で、今川義元の首を挙げた家臣より、雨中敵本陣の場所を察知した家臣を一番手柄とした。情報を手に入れるため関所を廃し、本拠地を何度も替えた。長篠戦の結果を過剰にPRし、“天下布武”のための交渉材料に利用したと考えても不思議でない。

イノベーションを駆使し、情報を最大限活用する手法は現代の経営に通じる。一方で革新があつれきを生むのも今と変わらない。「本能寺の変」も梅雨時。天才武将は実に雨が似合う。

(2017/7/6 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

人間とロボットの法則

人間とロボットの法則

ディープラーニングがロボットを変える

ディープラーニングがロボットを変える

おもしろサイエンス 
温泉の科学

おもしろサイエンス 温泉の科学

ノイズ対策を波動・振動の基礎から理解する!

ノイズ対策を波動・振動の基礎から理解する!

大人が読みたいアインシュタインの話
エジソンの発明と相対性理論の意外な関係

大人が読みたいアインシュタインの話 エジソンの発明と相対性理論の意外な関係

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい水道管の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい水道管の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン