[ 機械 ]

片桐製作所、新製造技術を確立-難加工材を鍛造

(2017/7/11 05:00)

  • ステンレスなどを比較的低い温度で加工する(難加工材のサンプル)

【山形】片桐製作所(山形県上山市、片桐鉄哉社長、023・679・2201)は、早ければ年内にもステンレス(SUS304)など鍛造による部品加工が難しい難加工材の新製造技術を確立し、量産化に乗り出す。本社工場内には試験ラインを設置。量産化に向け社内から計6人の専門チームを編成した。主力の冷間鍛造による部品加工に加え、新規の顧客開拓につなげる。

片桐製作所は難加工材の鍛造化に約5年前から取り組んだ。このほどその成果として社内で「精密低温間鍛造」と呼ぶ製造法を開発。温間鍛造の比較的に低い温度領域を使って素材を加工する。独自の温度制御、表面潤滑処理技術などを用いて、課題だった金型の耐久性を保つことを可能にした。

精密低温間鍛造による量産化試験は、ステンレスのほか、高炭素鋼でも取り組んでいる。ステンレス加工品は、住宅設備関連や燃料電池関連分野の新規開拓を目指す。一方、高炭素鋼加工品は、自動車関連分野向けへの供給を狙う。同社は今回の量産化技術を12日からの展示会「MF―Tokyo2017」(東京・有明)で発表する。

同社は冷間鍛造による自動車部品生産が主力で、年商は約30億円(2017年6月期見込み)。

→ MF-Tokyo2017特集

(2017/7/11 05:00)

機械・ロボット・航空機2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる