[ 政治・経済 ]

九州豪雨被害、ドローンで調査(動画あり)

(2017/7/12 05:00)

(内閣府 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)提供)
  • 内閣府 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)提供

鶴保庸介科学技術政策担当相は11日の閣議後会見で、九州北部の豪雨災害の被害状況について、8日に飛行ロボット(ドローン)を使って調査したことを明らかにした。動画や静止画を撮影し、道路の崩落状況などを調査。孤立した集落までの仮設道を自衛隊が作ることに活用した。鶴保担当相は「実績や経験を積み重ね、災害用ドローンの認知を働きかけたい。円滑な使用に向け、各省庁と協力を進める」と述べた。使用したドローンは、内閣府が進める革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の田所諭プログラム・マネージャーの事業で開発したもの。

(2017/7/12 05:00)

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

宇宙ビジネス第三の波 
NewSpaceを読み解く

宇宙ビジネス第三の波  NewSpaceを読み解く

シリーズITソリューション企業総覧 
スマート社会を実現するIoT/AI(人工知能)/ロボットがサクッとわかる本

シリーズITソリューション企業総覧 スマート社会を実現するIoT/AI(人工知能)/ロボットがサクッとわかる本

中国・四国地方を支えるモノづくり企業64社

中国・四国地方を支えるモノづくり企業64社

イラストでよくわかる!大工道具入門
匠の技から学ぶ上手な使い方

イラストでよくわかる!大工道具入門 匠の技から学ぶ上手な使い方

わかりやすい高周波測定技術

わかりやすい高周波測定技術

わかる!使える!接着入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!接着入門 <基礎知識><段取り><実作業>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン