[ 機械 ]

マコー、ウェットブラスト装置を拡充 棒材・小型ワーク向けタイプ追加

(2017/7/14 05:00)

  • 棒材向けの「ローラー方式」

【新潟】マコー(新潟県長岡市、松原幸人社長、0258・47・1729)は、冷間鍛造の前処理工程を大幅に短縮できるウェットブラスト装置(WLS)で、棒材と小型ワーク向けの新タイプを開発した。価格は2000万―3000万円で、年間の売り上げ目標は合わせて5億円。ラインの省スペース化につながる利点などを訴求し、2020年には10億円へ引き上げる計画。

WLSは、ウェットブラストと呼ばれる特殊な表面処理技術により、薬品を使わずスケールを除去する装置。表面の研削や洗浄工程などを同時に行うことで工程の大幅な短縮が可能。また、薬品を使う場合に比べて廃棄物の発生を20分の1に低減できる。

新たに開発したのは、小型の部材向けの「バレル方式」と、長尺の棒材の連続処理が可能な「ローラー方式」。既存の潤滑剤塗布機やプレス機との連結、隣接も容易に行える。

ウェットブラストは研磨剤と液体を混ぜ、それを圧縮した空気の膨張力で霧化し、ワークに高速で投射して表面の洗浄や加工などを行う技術。有害な薬品や溶剤などを使用せずに表面処理が行えるため環境負荷を低減できる。すでに自動車の防振ゴム金具の接着前処理をはじめ、さまざまな用途で利用されている。

WLSのラインアップの拡充により、用途の一層の拡大を目指す。生産工程のインライン化を目指す鉄鋼製造・加工メーカーを中心に提案し、導入を促していく。

→ MF-Tokyo2017特集

(2017/7/14 05:00)

機械・航空機 2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる