[ ICT ]

VR釣りゲーム用コントローラー、栗本鉄工所がMR流体デバイス開発

(2017/7/14 05:00)

  • デバイスを搭載した竿型コントローラー(右手に持っている機器)

栗本鉄工所は仮想現実(VR)技術を用いた体験型釣りゲームのコントローラー向けに、独自の磁気粘性(MR)流体「ソフトMRF」を載せたデバイスを開発した。バンダイナムコエンターテインメントのゲーム機向けで、同社が14日に開業する東京都内の娯楽施設に設置する。アクチュエーターなどでは困難だった魚の大きさによって手応えを変化させたり、繊細な感触も再現できる点が評価された。今後は、VRを含め、多様な分野で用途開拓に取り組む。

新デバイスは竿(さお)型コントローラーに内蔵する。磁場の印加度合いで粘性が変化するソフトMRFの特性を利用し、魚が食いつくアタリや、竿が引っ張られる感触を表現する。VR映像と連動し、リール部の回転に応じた抵抗の大きさで手応えが重くなり、実際に釣りをしているような感覚が得られる。

釣り特有の感触や魚によって異なる手応えを表現するため、材料配合を工夫して、出力トルク変化幅を従来比3―5倍高めた。デバイス設計も工夫した。

マイクロメートル(マイクロは100万分の1)レベルの鉄微粒子を分散するMR流体は、粒子が大きくて沈降しやすく再分散性が課題。

一方、栗本のソフトMRFはナノレベルの鉄微粒子で、力の強弱を滑らかに表現できる。応答性も高く、磁場変化に伴う粘性変化を瞬時に感触として伝え、出力トルクは他社のマイクロメートルレベルのMR流体並みに高めた。

感覚と力覚を再現するハプティクス分野でソフトMRFの用途開拓は先行しており、福祉用具の下肢装具などでは実績がある。同分野ではモーターや、アクチュエーターによる振動を用いるのが一般的で、これらの補完や置き換えも推進する。

(2017/7/14 05:00)

機械・航空機 2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる