[ 建設・住宅・生活 ]

清水建設、タブレットで施工管理‐AR活用し配管・柱など“見える化”

(2017/7/14 05:00)

  • 「Shimz AR Eye」は実物と3Dモデルを見比べて、今後施工する部分や、隠れて見えない設備を把握する

清水建設はタブレット端末で、建物データの入った3次元(3D)モデルと実際の建物の映像を合成、表示できるシステムを実用化した。AR(拡張現実)技術により、配管やダクトなどの設備や、柱や梁(はり)、床などを実物に合わせて3Dモデルを表示。今後施工する部分や構造物に隠れて見えない設備を“見える化”でき、施工管理に役立つ。3Dモデルで設計する建物の新築、改修工事で活用する。

清水建設が開発した「Shimz AR Eye」は、建物の材料や数量、材質などのデータが入った3Dモデル技術、ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)のデータを活用。BIMデータをAR技術によりタブレット画面に表示する。

作業者は現場で、タブレット端末上にBIMの平面図を表示し、立ち位置を決めて目線の高さを入力。空調や配管、躯(く)体など確認したい部分を選択すると、実際の施工現場の映像と、BIMの3Dモデルを合成して表示する。新築工事では、設備や躯体について、配置状況や工事の進み具合を照合できる。今後施工する部分も把握でき、作業手順の誤り防止に役立つ。

改修工事では、天井裏などに隠れて見えない配管やダクトなどの配置状況を確認できる。

清水建設は建築・土木工事を問わず新システムを活用する。現在8現場で試行、運用している。今後は衛星測位システム(GNSS)を利用し、作業者の位置を建物内でも特定できるように改良する。

(2017/7/14 05:00)

建設・エネルギー・生活2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる